子育てって難しい!

赤ちゃんに挨拶や周りに迷惑をかけるな、と言っても無理ですよね。 躾を始めるのには子供の成長に合った時期を見てからになります。 また、躾方としても、穏やかにやり取りができることが理想ですが、そうもいかないのが現実的な子育てです。 親として、どう心構えをすべきでしょうか。

躾のメインは幼児に?

「親の躾がなってない」なんて、上の世代の人に言われるシーンをテレビなどで見たことがないでしょうか。 大抵は幼児期の基本的なマナーやルールができていない時に言われるようです。 大人になるために必要な躾の第一歩は、幼児期に始まります。 自分の欲求と周りの状況を考える力を身につけるためです。

子供と言えども相手があること

親の言いなりになるのが良い躾ではありません。 それぞれの子の特徴を見て、どうするのが得策かを考えるのは親の役目です。 とても難しく、時間がかかる作業ですが、いろいろな方法を使って対処していくしかないようです。 子供は面白いことが好きである、という前提で考えていきましょう。

躾の考え方と始め方

毎日子育てに追われているママ、お疲れ様です。
生まれてから一人前になるまで、親は様々な事を教え、気にし、社会に出ていくための訓練と支援をしていきますね。
「乳児はしっかり肌を離すな 幼児は肌を離せ、手を離すな 少年は手を離せ、目を離すな 青年は目を離せ、心を離すな」
という、子育て手よく言われているこの言葉をご存知でしょうか。
子育て四訓と言われているこの言葉は、実際に子供を育てていると身にしみて感じることです。
ところで、躾はいつまでにするものでしょうか。
だいたい少年期辺りまでに済んでいないと、子供は親から独立しようとする時期に入りますから、簡単に言ってしまえば言う事を聞かなくなってきます。
ですから、それまでの成長時期に親が教えたり、自分が経験して知っていくことが必要です。
本来、躾けるという言葉は様々な意味を持ちますが、子育てで使う場合は主に「作法などを教育する」という意味です。
年齢が上がれば、その歳で知っていて当然、振舞えて当たり前であることを身につける期間は、その年齢になる前までということになります。
育児の答えが出るのは、その子が大人になってからです。
正解のない子育て、その上やり直しがきかないですから、ついイライラしたり厳しくなってしまうのもよくわかります。
少しでも感情的にならずに躾ができる方法はないでしょうか。
躾の面で成功していても、パパやママが怒っている、親子喧嘩が絶えなかった思い出しかないのはあまりに寂しいですよね。
お互いが幸せになれる躾について、考えてみました。

おすすめリンク

学ぶ喜びを知ることが出来る類塾

子どもにとって何で?は最高のご馳走!ゆっくり楽しみながら味わう事こそ類塾で教わる学ぶ喜びです。

表現力が豊かになる類塾

問題を解く時間に速さは要りません!自由な発想が出来る子に育つ類塾では表現力が豊かになります。

尼崎で完全マンツーマンの塾に通うならどこがおすすめ?

完全マンツーマンの塾は講師との相性や月謝など気になる点がいっぱい。尼崎で塾を探す人におすすめ情報!

翻訳会社別で分析!中国語の翻訳料金は?

どの企業が一番安い?有名翻訳会社へ依頼し、中国語翻訳をして単価やサービス内容をランキングに!

オーストラリアに高校留学したい場合にすべきこと

憧れの高校留学。オーストラリアへの留学希望者必見の、留学までにすべきことを分かりやすく解説します。